株式会社インスペックス|東京都港区|中東|ビジネス|コンサルティング

201303131929325672.jpg
 

速報記事

 

リビア情勢速報

リビア情勢速報
 
リビア報道関連 2021.01.18
2021-01-18
●リビア報道関連
 
新たなリビア担当国連特別代表を承認した国連安保理
  2021年1月16日 Reuters、他
 
 国連安全保障理事会は、1月16日、ベテラン外交官であるヤーン・クビシュ(Jan Kubis)氏を、ほぼ一年間にわたり空席であったリビア担当国連特別代表へ任命することを承認した。

 国連のアントニオ・グテーレス事務総長は、昨年(=2020年)3月にストレスで辞任したガッサン・サラメ氏の後任にクビシュ氏を提案していた。
 
 
リビア報道関連 2021.01.15
2021-01-15
●リビア報道関連
 
GNAシラージュ首相とトリポリ議会が新たな国家統一政府(GoNU)形成を協議
  2021年1月14日 The Libya Observer
 
 国民統一政府(GNA)のシラージュ首相は、1月12日、トリポリ議会の議員との会合で、選挙を実施し、国家機関を統一するための適切な環境を作り出すことを目的とした国家統一政府(Government of National Unity:GoNU)の設立について協議した。

 シラージュ首相のメディア事務局によると、会合は石油収入の凍結とその影響に加え、為替レートを統一した後の政治対話と、経済・財政の直面している課題について議論した。
 
 
リビア現地情勢 2021.01.14
2021-01-14
現地情勢(2021年1月14日報告時点)
 
<停戦継続>

 リビア国民軍(LNA)は、1月4日、南部のサブハ(Sabha)でLNA軍と国民統一政府(GNA)民兵との衝突発生(1月3日)後、GNAが南部の治安を不安定にしようとしていると非難した。
 
 LNAは、これら民兵が地域を不安定化させるためにトルコ諜報機関から命令を受け、GNAから資金を受け取ったと非難した。LNAは、サブハ市とリビア南部のほとんどの町を支配しているが、一部の部族グループはGNAに忠実である。
 
 
リビア報道関連 2021.01.13
2021-01-13
●リビア報道関連
 
リビア中銀:リビア・ディナールの流動性と預金引き出し上限が2週間以内に改善される見通し
  2021年1月11日 Libya Herald、Libyan Express、他
 
 リビア中央銀行(CBL)為替調整委員会のMisbah Akkari氏は、近いうちにリビア・ディナールの流動性とリビアの全銀行で預金引き出し限度額が改善される見通しであると述べた。

 現地民間銀行であるAman Bankが、預金者の現金引き出し限度額を一万リビア・ディナール(LD)/月に引き上げると発表した後、Akkari氏は、1月10日、リビア・ディナールの流動性が10日~2週間で著しく改善されるだろうと、現地メディアに語った。
 
 
リビア報道関連 2021.01.12
2021-01-12
●リビア報道関連
 
武装勢力と人身売買の根絶に大規模作戦を計画するGNA内務相
  2021年1月9日 The Libya Observer、Libya Herald
 
 国民統一政府(GNA)のファティ・バシャガ(Fathi Bashagha)内相は、リビアの法律に反して行動する武装勢力と人身売買業者を根絶するため、治安当局と軍事当局による大規模な作戦行動(Snake Hunting)を明らかにした。

 AP通信社によると、1月8日にバシャガ内相が米国にこの作戦行動への支援を要請した。また、首相候補と考えられているバシャガ内相は、次期バイデン米政権にとって、リビアの安定化が最優先事項となることを切望すると付け加えた。
 
 
リビア報道関連 2021.01.08
2021-01-08
●リビア報道関連
 
リビアのOPEC減産対象除外継続
  2021年1月7日 Libyan Express
 
 OPECプラスは、リビアの国状を勘案し、減産の対象外とし続けることが妥当であると認識した。

 リビア国営石油会社(NOC)のムスタファ・サナラ会長は、OPECプラス会議で、世界中の石油市場がコロナウイルス感染症により、ほとんどの国が応じている減産からリビアの継続的な除外への支持を求めた。
 
 
リビア報道関連 2021.01.07
2021-01-07
●リビア報道関連
 
石油施設警備隊が東部の港で石油輸出を封鎖
  2021年1月5日 The Libya Observer、他
 
 東部石油施設警備隊(PFG)のトブルク拠点ハリガ旅団の武装勢力は、1月5日、一年以上にわたる給与遅配に抗議して、オリンピック・ファイター号の接岸を阻止し、ハリガ石油港での石油輸出を阻止した。この封鎖は、昨年(=2020年)9月の石油生産と輸出再開以来、初めてである。
 
 
リビア報道関連 2021.01.06
2021-01-06
●リビア報道関連
 
電子査証システムの開発をIBMと契約するリビアのパスポート当局
  2021年1月1日 The Libyan Observer
 
 リビアのパスポート当局は、12月31日、米国のInternational Business Machines Corporation(IBM)と電子査証システムを開発する契約を締結した。これは、高水準のデータベースと電子システムを提供するという同省の計画に基づくものであると、同省のフェイスブックで述べている。
 
 
リビア現地情勢 2021.01.05
2021-01-05
現地情勢(2021年1月3日報告時点)
 
<軍事的プレゼンスを維持して和平プロセスを遅らせているトルコ>

 トルコ議会は 、 12 月 22 日、 リビアへの トルコ 軍の 派兵を更に 18 カ月間延長する動議を承認した。

 リビアで対立する二勢力間で 、 2020 年 10 月 23 日に署名された停戦協定では、すべての傭兵と外国戦闘員の 3 ヵ月以内のリビア撤退 が 条件とされている。条件とされている。トルコ議会が 、 トルコ軍のリビア駐留延長を承認したことは、トルコ政府が停戦合意を尊重し、期限の 1 月 23 日までにリビアから軍を撤退させる意図がないだけでなく、 リビア での長期的な 駐留 を計画していることを意味する。
 
 
リビア報道関連 2021.01.05
2021-01-05
●リビア報道関連
 
外国為替制度を見直す中央銀行
  2020年12月28日 The Libyan Observer
 
 リビア中央銀行(CBL)のAl-Sadiq Al-Kabeer総裁は、12月28日、外貨の販売に関して銀行規制部門長と打ち合せた。

 CBLは声明で、詳細には触れず、議論された制度は、銀行の理事会が決定したリビア・ディナールの為替レート修正についてであると述べた。
 
 CBLは先週、専門家委員会の勧告を承認し、2021年1月3日以降、リビア・ディナールの米ドルへの新為替レートをUS$1.00=LD 4.48とすることを承認した。
 
株式会社インスペックス
〒105-0011
東京都港区芝公園1-3-5
ジー・イー・ジャパンビル4F
TEL.03-5405-7234
FAX.03-5405-7235
───────────────
・ビジネスコンサルティング
───────────────
033313
<<株式会社インスペックス>> 〒105-0011 東京都港区芝公園1丁目3-5 ジー・イー・ジャパンビル4階 TEL:03-5405-7234 FAX:03-5405-7235