株式会社インスペックス|東京都港区|中東|ビジネス|コンサルティング

201303131929325672.jpg
 

速報記事

 

アフリカ諸国情報

アフリカ諸国情報
 
エチオピア<紛争にもかかわらず7月からダムに貯水を開始するエチオピア>
2020-05-22
エチオピア連邦民主共和国
 
紛争にもかかわらず7月からダムに貯水を開始するエチオピア
 *2020年5月16日付、The East African掲載記事より。
 
 エチオピアは、スーダンがエジプト抜きの部分合意の要求を拒否したため、物議をかもしている大エチオピア再生ダム (Grand Ethiopian Renaissance Dam、以下「GERD」)への貯水を、2020年7月より開始するとしている。
 
コンゴ<再生可能エネルギーへの移行に不可欠なコバルト>
2020-05-19
コンゴ民主共和国
 
再生可能エネルギーへの移行に不可欠なコバルト ~ どうすればその社会・環境的コストを最小限に抑えることができるか?
 *2020年5月14日付、Ensia掲載記事より。
 
 電気自動車があらゆる道路を走り、コバルトの需要は今後数年間で急増すると予想される。その名前は、鮮やかなディープ・ブルーのイメージを連想させる。しかしながら、コバルトが鉱石の形で地面から掘り出された時、その名前にふさわしい豊かな色合いの面影はほとんど無い。
 
ジンバブエ<石油・ガス生産分与契約間近のジンバブエ>
2020-05-12
ジンバブエ共和国
 
●石油・ガス生産分与契約間近のジンバブエ
 *2020年5月5日付、The Herald掲載記事より。
 
 オーストラリア証券取引所(ASX)に上場しているInvictus Energyは、Muzarabani地区のガス・石油埋蔵量の確認のため、試掘井の準備を進めることとなるジンバブエ政府との生産分与協定(以下「PSA」)の署名に向け、大きな前進を遂げた。
 
ジブチ<多数国間投資保証機関:ジブチ初の事業規模風力発電プロジェクト支援>
2020-05-08
ジブチ共和国
 
●多数国間投資保証機関によるジブチ初の事業規模風力発電プロジェクト支援
 *2020年5月4日付、POWER ENGINEERING INTERNATIONAL掲載記事より。
 
 世界銀行グループのメンバーである多数国間投資保証機関(以下「MIGA」)は、ジブチ初の事業規模風力発電プロジェクトにおける設計、開発、建設、運用、保守の支援に関する保証書を発行した。
 
マリ<イスラム過激派の妨害で低投票率となったものの何とか実施された議会選挙>
2020-04-30
マリ共和国
 
●イスラム過激派の妨害により低投票率となったものの何とか実施されたマリ共和国の議会選挙
 
 マリ共和国は、2018年後半に予定されながら、数回に亘り先送りされてきた国民議会議員選挙(定員147議席)の第一回投票を2020年3月29日(現地時間)に、第二回投票を4月19日に、それぞれ実施した。因みに、前回の大統領選挙は、2013年11月及び12月であった。
 
アフリカ全体<Covid-19が最大330万人を殺す可能性があるとの研究>
2020-04-24
ジンバブエ共和国
 
●Covid-19がアフリカで最大330万人を殺す可能性があるとの研究
 *2020年4月22日付、STANDARD Digital掲載記事より。
 
 「COVID-19の拡散を妨ぐために取られる処置に拠るが、そのウイルスの直接的な影響により、30万人から330万人のアフリカの人々が命を失う可能性がある」。これは、2020年4月に発表された国連機関による調査研究での声明であり、この調査は、広範囲に感染が起きた場合のアフリカ人の脆弱性の要因を調査研究したものである。
 
ジンバブエ<政府:US$140億の再生可能エネルギープロジェクトを熟考>
2020-04-21
ジンバブエ共和国
 
●ジンバブエ政府:US$140億の再生可能エネルギープロジェクトを熟考
 *2020年4月17日付、Zimbabwe Independent掲載記事より。
 
 ジンバブエ内閣は、約US$140億ドルのコストと10年間を掛けて開発する野心的な再生可能エネルギープロジェクトを採択したが、これにより、ジンバブエは、2030年までに最大2,100メガワットの発電能力を新たに保有することになる。
 
ガーナ<IMF:ガーナにコロナウイルス対策の為にUS$10億の支援を承認>
2020-04-17
ガーナ共和国
 
●IMF:ガーナにコロナウイルス対策の為にUS$10億の支援を承認
 *2020年4月14日付、RAPPLER掲載記事より。
 
 国際通貨基金(以下「IMF」)は、ガーナに対し、その西アフリカ国家がコロナウイルスによるパンデミックの影響から上手く切り抜けられるよう、US$10億の支援策を承認した。

 IMFのウェブサイトに拠れば、その資金援助は、ガーナの成長の鈍化及び同国政府の資金需要の増大に伴い、IMFの緊急信用枠を通じて行われたもので、「COVID-19パンデミックは既にガーナに深刻な影響を与えている。
 
タンザニア<鉱山会社:南アフリカの港湾封鎖によりタンザニアに向地変更苦>
2020-04-14
タンザニア連合共和国
 
●銅鉱床地帯の鉱山会社:南アフリカの港湾封鎖によりタンザニアに向地変更
 *2020年4月7日付、Thomson Reuters掲載記事より。
 
 南アフリカのコロナウイルスによるロックダウンは、銅の向け先を南アフリカの港湾からアフリカのその他の港へと迂回させ、その中でも、タンザニアのダルエスサラーム(以下「ダール」)が明確な勝利者であると、情報筋はロイターに語った。
 
南アフリカ<南アフリカ経済へ三重苦>
2020-04-10
南アフリカ共和国
 
●南アフリカ経済へ三重苦
 *2020年4月6日付、BUSINESSTECH掲載記事より。
 
 経済調査局(以下「BER」)のエコノミストによると、南アフリカでは現在、コロナウイルスの影響により、経済三要素が突如麻痺状態となっている。

・ 南アフリカの輸出品に対する世界需要の大幅減少。
株式会社インスペックス
〒105-0011
東京都港区芝公園1-3-5
ジー・イー・ジャパンビル4F
TEL.03-5405-7234
FAX.03-5405-7235
───────────────
・ビジネスコンサルティング
───────────────
031600
<<株式会社インスペックス>> 〒105-0011 東京都港区芝公園1丁目3-5 ジー・イー・ジャパンビル4階 TEL:03-5405-7234 FAX:03-5405-7235