株式会社インスペックス|東京都港区|中東|ビジネス|コンサルティング

201303131929325672.jpg
 

速報記事

 

アフリカ諸国情報

アフリカ諸国情報
 
【マリ】G5サヘル合同部隊から徐々に自軍兵士を撤収させつつあるマリ
2022-05-19
<マリ共和国
 
G5サヘル合同部隊から徐々に自軍兵士を撤収させつつあるマリ
 
 マリの軍事委員会は、2022年5月15日、声明を発表し、イスラム教徒の反乱と戦っている、西アフリカのサヘル地方の多国籍軍事勢力である「G5サヘル合同部隊」から、自軍兵士を徐々に撤収させつつあることを明らかにした。
 
【南アフリカ、他】新エネルギーミックスに必要となるUS$140億の投資
2022-05-17
<南アフリカ共和国
 
南アフリカの新エネルギーミックスに必要となるUS$140億の投資
 *2022年5月13日付、Bloomberg掲載記事より
 
 南アフリカ政府の気候金融タスクチーム長は、確固たるグリーン水素産業の確立にはUS$140億の投資が必要であると指摘した。そのタスクチームの責任者であるDaniel Mminele氏(以下「Mminele氏」)は、スピーチにおいて、環境に優しい燃料を年間2万トン輸出できる産業の創出にUS$10億、そして27万トンに拡大するという目標の達成のためには、更にUS$130億が必要であると述べた。
<タンザニア連合共和国​​>
 
タンザニア、天然ガスへの投資US$300億を獲得
 *2022年5月10日付、The Exchange掲載記事より。
 
 タンザニアの液化天然ガス最前線に、エクイノール(Equinor)やエクソンモービル(ExxonMobil)など、大手エネルギー企業からUS$300億の資金が投入された。2022年4月29日、タンザニアは、US$300億相当の巨大な液化天然ガス(以下「LNG」)プラントを建設することで探鉱会社と合意し、同国の資源開発分野をさらに次の段階へと発展させた。
 
【コンゴ民、他】世界最大の炭素吸収地における石油鉱区入札を承認するコンゴ民
2022-05-10
<コンゴ民主共和国
 
世界最大の炭素吸収地における石油鉱区入札を承認するコンゴ民主共和国
 *2022年5月3日付、CLIMATE HOME NEWS掲載記事より。
 
 コンゴ民主共和国(以下「DRC」)の閣僚は、世界最大の二酸化炭素吸収地であり、最も環境的に影響を受け易い地域を含む、16ヵ所の石油探鉱鉱区の入札を承認した。このうち9つの鉱区は、コンゴ盆地のクベット・セントラル(Cuvette Centrale、仏語:中央盆地)と呼ばれる地域にあり、カリフォルニア州の3分の1の広さで、世界最大の熱帯泥炭地がある。Rainforest Foundation UKによると、入札にかけられる鉱区のうち、少なくとも3つは泥炭地と直接重なっているとのことである。
<ナイジェリア連邦共和国​>
 
ナイジェリア~モロッコ・ガスパイプライン、計画通りに進行中
 *2022年5月5日付、MOROCCO WORLD NEWS掲載記事より。
 
 13ヶ国の領海を横断する全長7,000キロメートルのパイプラインは、ヨーロッパのエネルギー需要を満たすのに貢献する。ナイジェリア~モロッコ・ガスパイプライン敷設プロジェクト(以下「NMGP」)は、モロッコのモハメッド6世国王とナイジェリアのムハンマド・ブハリ大統領(以下「ブハリ大統領」)により署名された覚書の計画通りに進んでいる。
 
【ケニア・ジンバブエ、他】多国籍企業:ジンバブエの製紙業界をターゲットに
2022-05-06
<ケニア共和国・ジンバブエ共和国
 
ケニアの多国籍企業:ジンバブエの製紙業界をターゲットに
 *2022年5月2日付、New Zimbabwe掲載記事より。
 
 ケニアの多国籍企業であるPaperbags Limited(以下「Paperbags社」)は、その巨大な市場に魅せられ、ジンバブエの製紙産業に進出しようとしていることが明らかになった。同社は、紙袋や袋を中心とした包装資材を幅広く製造している企業である。
<ガーナ共和国
 
ガーナで“eLevy”がモバイルマネーの不安を煽る
 *2022年5月2日付、PYMNTS.COM掲載記事より。
 
 2022年5月、ガーナの“eLevy”が開始される。これは、100ガーナ・セディ(約US$13)を超える全てのモバイルマネー(注:①)の取引に対して、1.5%の課税を行うものである。
 
【マリ】2022年4月下旬の主な動き
2022-05-02
<マリ共和国
 
マリ:2022年4月下旬の主な動き
 
=4月19日=
★ フランス軍がゴッシ(Gossi)基地をマリ当局に引き渡した。
★ 同日、マリ兵がゴッシ基地入りした。
 
【ナイジェリア、他】中央銀行の資金2,500億ナイラで調理用ガスの輸入停止他
2022-04-26
<ナイジェリア連邦共和国
 
ナイジェリア中央銀行の資金2,500億ナイラで調理用ガスの輸入停止
 *2022年4月24日付、BUSINESS DAY掲載記事より。
 
 206兆立方フィート以上の天然ガスと、ナイジェリア中央銀行(以下「CBN」)による2,500億ナイラ(1.00ナイラ=0.3092円、2022年4月25日付)の資金により、ナイジェリアの石油・ガス関係者は、液化石油ガス(以下「LPG」)と呼ばれる調理用ガスの輸入中止を求めている。
<ケニア共和国・エチオピア連邦民主共和国・ジブチ共和国
 
●ケニアのエネルギー企業、エチオピアで新たに地熱井を掘削
 *2022年4月24日付、xinhua掲載記事より。
 
 Kenya Electricity Generating Company(以下「KenGen」)は、2022年4月22日金曜日、エチオピアで7本目の地熱井の掘削を完了したと発表した。KenGenは、国営エチオピア電力(以下「EEP」)のAluto-Langano地熱プロジェクトの契約に基づき、深さ3,000メートルの井戸を掘削していた。
 
【マリ】初めてとなるロシア人軍事顧問の殺害事件が発生
2022-04-25
<マリ共和国
 
初めてとなるロシア人軍事顧問の殺害事件が発生
 
 「ロシア人顧問」が同行していたマリ軍部隊が、2022年4月19日、ホムボリ町の近郊で「即席爆発装置」を踏む事件が発生した。この事故で負傷した「ロシア人顧問」は、マリ中央部のセヴァレ町に緊急空輸されたものの死亡し、マリに派遣されているロシア人として初の死亡者となった。
 
【ナミビア共和国・ザンビア共和国、他】Nam-Zambia鉄道にゴーサイン他
2022-04-19
<ナミビア共和国・ザンビア共和国>
 
Nam-Zambia鉄道にゴーサイン
 *2022年4月13日付、namibian掲載記事より。
 
 ナミビアの鉄道路線は、ザンビアの鉄道路線と接続しようとしている。この2つの鉄道路線の統合に関する実行可能調査が行われ、この事業にゴーサインが出されたもので、この距離は770キロメートルになる見込みである。
<アンゴラ共和国
 
●アンゴラ、世界のコーヒー市場に照準
 *2022年4月15日付、africanews掲載記事より。
 
 アンゴラコーヒーは、古くから世界中の愛好家に愛されているコーヒーであり、1970年代には、このアンゴラ独自のAngolan Black Goldが年間約25万トン生産されていたものの、内戦によってその生産は中断されていた。しかしながら、アンゴラは、その平和が訪れた約20年後に立ち直り、同国の2つの企業が再び世界のコーヒー市場に進出している。
 
【ザンビア、ナイジェリア・コートジボワール】銅探鉱ライセンスの取得へ
2022-04-12
<ザンビア共和国
 
Deep-South社、ザンビアのカッパーベルトの銅探鉱ライセンスの取得へ
 *2022年4月8日付、JUNIOR MINING掲載記事より。
 
 Deep-South Resources Inc.(以下「Deep-South社」)は、世界で最も産出量の多い銅鉱床の1つであるザンビアのカッパーベルト中心に位置する、3つの銅探鉱ライセンスの最大80%を取得するため、ザンビアのWord Class Minerals Venture Ltd(以下「WCMV社」)と、正式な獲得契約を締結したと発表した。
<ナイジェリア連邦共和国・コートジボワール共和国
 
●西アフリカの新しい高速道路計画
 *2022年4月8日付、World Highways掲載記事より。
 
 西アフリカのナイジェリアとコートジボワールを結ぶ新しい高速道路が計画されている。ナイジェリアの商業の中心地、ラゴスとコートジボワールの首都アビジャンを結ぶルートである。
 
【マリ】仏が懸念を表明したロシア人民間戦闘員によるマリでの民間人殺害事件
2022-04-11
<マリ共和国
 
フランスが懸念を表明したロシア人民間戦闘員によるマリでの民間人殺害事件
 
 国際人権団体ヒューマン・ライツ・ウォッチ(HRW)は、2022年4月5日、アフリカ西部マリで、2022年3月末に推計約300人の民間人がマリ軍や外国人戦闘員に殺害されたとする報告書を発表した。因みに、ヒューマン・ライツ・ウォッチ(HRW)は、マリにおける過去10年で最悪の残虐行為と指摘し、戦争犯罪の可能性に言及している。
株式会社インスペックス
〒108-0075
東京都港区港南 1-6-41
芝浦クリスタル品川 12階
TEL: 03-6375-3875
携帯:070-2388-3022
───────────────
・ビジネスコンサルティング
───────────────
037070
<<株式会社インスペックス>> 〒108-0075 東京都港区港南1-6-41 芝浦クリスタル品川12階 TEL:03-6375-3875