株式会社インスペックス|東京都港区|中東|ビジネス|コンサルティング

201303131929325672.jpg
 

速報記事

 

中東経済情報

中東経済情報
 
OPECプラスの減産遵守で需要回復を期待し4営業日続伸となった原油先物価格
2020-05-20
OPECプラスの減産遵守で需要回復に期待が加わり4営業日続伸となった5月19日の原油先物価格
 
 本稿執筆時点(日本時間5月19日午後2時半)で、米WTIの7月先物価格は、31.75ドル/バレルから31.80ドル/バレルで取引されている。因みに、米国での5月18日のWTI先物価格は、前日比+2.39ドル/バレル(+8.1%)の31.82ドル/バレルで、また、北海ブレント先物は、前日比+2.31ドル/バレル(+7.1%)の34.81ドル/バレルで引け、何れも本年3月11日以来の高値となっている。
 
新型コロナ禍にある米企業株式の安値買いが鮮明となったサウジの公共投資基金
2020-05-19
新型コロナウイルス禍にある米企業株式の安値買いが鮮明となったサウジアラビアの公共投資基金(PIF)
 
 総資産額3200億ドルと言われるサウジアラビアの公共投資基金(PIF)が、米証券取引委員会への報告資料から、同基金が新型コロナウイルス禍にある米企業株式の安値買いを積極的に進めていることが、今般鮮明となった。それによれば、PIFは、新型コロナウイルスが米企業に打撃を与え続けてきた最近の数ヶ月、短期間に多額の投資を行っている。
 
アルジェリアの自動車組み立て工場の閉鎖を発表した韓国・起亜自動車
2020-05-18
アルジェリアの自動車組み立て工場の閉鎖を発表した韓国・起亜自動車
 
 韓国の起亜自動車は、フェイスブック上で次のような社内向けメッセージを掲載し、アルジェリアの自動車組み立て工場を閉鎖することを明らかにした。即ち、「首都アルジェ北東部のバトナ町にある組み立て工場の作業は、5月17日(日曜日)から中断される」(AFP通信 2020年5月16日)と。
 
原油価格が2週連続で上昇するなか減少した米国内の石油・天然ガス掘削リグ稼働数
2020-05-11
●5月第一週の原油価格が2週連続で上昇するなか大幅に減少した米国内の石油・天然ガス掘削リグ稼働数
 
 5月8日に終えた週の原油先物価格の清算値は、WTIが1バレル24.74ドル、北海ブレントが30.97ドルと、週間でそれぞれ約33%、約18%の上昇となり、2週連続での上昇となった。
 
 こうしたなか、同週の米国内の石油・天然ガス掘削リグ稼働数は、前週に比べて34基減少の374基と、シェール・オイル革命の始まった10年前の水準へと減少した。
 
2020年第1四半期の財政赤字が大幅に拡大して外貨準備が著しく減少したサウジ
2020-04-30
●2020年第1四半期の財政赤字が大幅に拡大して外貨準備が著しく減少したサウジアラビア
 
 サウジアラビア財政省は、2020年4月29日早朝、次のような本年第1四半期の財政結果を発表した。

① 財政収支は、341億サウジ・リヤル(SR、90.6億ドル)の大幅な赤字を記録した(注:2019年第1四半期の財政収支は277億SR<約74億ドル>の黒字であった)。
 
ロンドン市場の北海ブレント先物6月物も18年振りの低価格を記録 国際石油情勢
2020-04-22
●ロンドン市場の北海ブレント先物・6月物も18年振りの低価格を記録した混乱2日目の国際石油情勢
 
 ロンドン市場の北海ブレント先物価格・6月物は、2020年4月21日、前日比24%安の1バレル当たり19.33ドルと、2002年2月以来の低水準で取引を終えた。他方、同日が取引最終日となるニューヨーク商業取引所の国際的指標となるWTI原油先物・期近5月物の清算値は、前日のマイナス価格からは上昇したものの、1バレル10.01ドルという低水準で取引を終えた。
 
史上初めてマイナス価格で取引を終えたWTI原油先物・期近5月物の清算値
2020-04-21
●史上初めてマイナス価格で取引を終えたニューヨーク商業取引所の国際的指標となるWTI原油先物・期近5月物の清算値
 
 ニューヨーク商業取引所の国際的指標となるWTI原油先物・期近5月物の清算値が、2020年4月20日、前日比1バレル当たり55.90ドル(▲306%)安の同左▲37.63ドルで取引を終えた。マイナス価格を記録するのは、1983年にWTI原油が先物に上場してから史上初めてのことである。
 
油価が回復しないために共同声明を発表したサウジアラビアとロシア
2020-04-20
●OPECプラス諸国の減産合意後も油価が回復しないために共同声明を発表したサウジアラビアとロシア
 
 OPECプラス諸国が減産合意し、併せて、米国やカナダほかの産油国も何らかの形で産油量を落とし、協力する方向となったことで回復の期待されていた原油価の下落が止まっていない。

 先週末の4月17日(金曜日)の米国産WTI価格は、1バレル当たり約19ドルと、2002年以来となる18年ぶりの低水準を記録し、4月12日(日曜日)のOPECプラス諸国による970万B/Dの合意後で、約20%もの下落となって取引を終えた。
 
新型コロナの感染拡大による一層の経済悪化でIMFの支援を当てにするチュニジア
2020-04-20
新型コロナウイルスの感染拡大による一層の経済悪化で国際通貨基金(IMF)の支援を当てにするチュニジア
 
 新型コロナウイルスの感染拡大で経済の益々悪化するチュニジアが、中央銀行総裁と財務大臣の連名で、2020年4月中旬、支援を要請する親書を国際通貨基金(IMF)に送った。

 チュニジア政府は、同親書で、1)新型コロナウイルス感染拡大の影響もあって、我が国の経済は、独立した1956年以降で最悪となる4.3%の縮小が見込まれる、
 
石油需要が930万B/D減少するとの見方を打ち出したIEAの4月度石油月報
2020-04-16
●2020年の世界の石油需要が930万B/D減少するとの厳しい見方を打ち出した国際エネルギー機関(IEA)の4月度 「石油月報」
 
 国際エネルギー機関(IEA)は、2020年4月15日、4月の「石油月報」を発表し、2020年の世界の石油需要が、比率で前年比9%、数量で930万B/Dと、それぞれ落ち込み、9055万B/Dになるという極めて厳しい見方を打ち出した。同月報とIEAのビロル事務局長のインタビュー発言、IEAのアトキンソン石油部長の報告(ブリーフィング)時の発言の要点は、それぞれ以下の通りである。
株式会社インスペックス
〒105-0011
東京都港区芝公園1-3-5
ジー・イー・ジャパンビル4F
TEL.03-5405-7234
FAX.03-5405-7235
───────────────
・ビジネスコンサルティング
───────────────
031600
<<株式会社インスペックス>> 〒105-0011 東京都港区芝公園1丁目3-5 ジー・イー・ジャパンビル4階 TEL:03-5405-7234 FAX:03-5405-7235