株式会社インスペックス|東京都港区|中東|ビジネス|コンサルティング

201303131929325672.jpg
 

速報記事

 

中東経済情報

中東経済情報
 
石油減産の段階的縮小を決定したOPECプラスのオンライン会合
2021-04-05
●石油減産の段階的縮小を決定したOPECプラスのオンライン会合

 石油輸出国機構(OPEC)とロシアなどの非加盟国で形成するOPECプラスは、2021年4月1日、今後の石油生産量を協議する会合をオンライン形式で開催し、本年5月から、現在実施している減産量を段階的に縮小して行くことを決定した。具体的には、協調減産量を本年5月及び6月にそれぞれ35万B/D減少させ、さらに7月にも40万B/D減らすことで合意した。
 
「世界の石油供給は依然潤沢」などの見方を示したIEAの2021年3月月報
2021-03-19
●「世界の石油供給は依然潤沢」「世界需要の1億バレル回復は2026年」との見方を示した国際エネルギー機関(IEA)の2021年3月月報

 国際エネルギー機関(IEA)は、2021年3月17日に発表した石油月報で、概要以下のように分析し、国際石油市場で新たな「スーパーサイクル」と呼ばれる「長期に亘る原油価格の上昇」が開始されようとしているとの見方を否定し、石油の供給は潤沢であり、不足するとの懸念は間違っていると指摘した。
 
サウジとの石油の輸入を減少させて米国からの輸入を増やしているインド
2021-03-18
●サウジアラビアとの油価を巡る諍いから同国石油の輸入を減少させて米国からの輸入を増やしているインド

 世界第三位の石油輸入国で消費国のインドが、サウジアラビアとの油価を巡る諍いにより、2021年5月のサウジからの石油輸入量を約4分の1も減らす予定となっている。消息筋によれば、これは中東石油への依存を減らすという政府の動きを反映したものとのことである。因みに、インドは石油輸入の80%超を中東に依存してきていた。
 
2030年までに欧州6カ所で電池工場の建設を明らかにした独フォルクスワーゲン
2021-03-17
●米テスラに対抗して2030年までに欧州6カ所で電池工場の建設を明らかにした独フォルクスワーゲン

 ドイツ自動車大手企業のフォルクスワーゲン(VW)は、2021年3月15日、電気自動車(EV)の基幹部品である電池を製造する工場を、2030年までに欧州の6か所で建設するというEV事業計画を明らかにした。
 
 2030年までに操業開始となる6カ所の電池工場における生産能力は、それぞれ年間40ギガワット(GW)時となる。
 
世界石油需要が前年比5.7%増と見るEIAと6.5%増と見るOPEC
2021-03-15
●2021年の世界石油需要が前年比5.7%増と見る米エネルギー情報局(EIA)と6.5%増と見る石油輸出国機構(OPEC)

 米エネルギー情報局(EIA)は、2021年3月9日に月報を発表し、概要次のような見通しを明らかにした。

① 2021年の米国原油生産量は、16万B/D減の1115万B/Dと予想する。
② 2021年の米国石油及び液体燃料消費量は、141万B/D減の1953万B/Dと予想する。
 
電気自動車化を相次いで発表したフォルクスワーゲン・ジャガー・フォード・ボルボ
2021-03-09
●電気自動車化を相次いで発表したフォルクスワーゲン(独)・ジャガー(英)・フォード(米)・ボルボ(スウェーデン)

 ドイツの大手自動車メーカーのフォルクスワーゲン(以下、VWと略す)は、2021年3月5日、グループ中核のVWブランドで、これまでの目標を2倍に引き上げ、2030年までに欧州で販売する自動車の少なくとも7割を電気自動車にするとの計画を発表した。
 
OPECプラスによる減産維持の合意で改めて上昇した原油価格
2021-03-08
●OPECプラスによる減産維持の合意で改めて上昇した原油価格

 石油輸出国機構(OPEC)加盟国とロシアを初めとする非加盟国で構成するOPECプラスは、2021年3月4日、それぞれの国内石油需要を充足させることを目的として、ロシアに13万B/D、カザフスタンに2万B/Dの増産を認めるという内容での協調減産を、本年4月まで1カ月延長することで合意した。
 
エジプト経済データ:「対GCC貿易額(2020年1月~10月)」と他3件
2021-02-24
●エジプト経済データ:「対GCC貿易額(2020年1月~10月)」「財政赤字額(2020年8月~2021年1月)」「1月インフレ率」 「中銀の観光業支援策」
 
<対GCC貿易額(2020年1月~10月)>

 エジプト中央動員統計局(CAPMAS)は、2021年2月上旬、同国のGCC諸国に対する2020年1月から10月における10か月間の輸出額が、前年同期比25.7%増の44億ドルとなったことを明らかにした。他方、同期間のエジプトの対GCC輸入額は、前年同期比21.25%減の63億ドルであった。尚、同期間におけるGCC個別国との輸出入額は、以下の通りであった。
 
トランプ前米政権の政策から転換して「パリ協定」に正式復帰したバイデン米大統領
2021-02-22
●トランプ前米政権の政策から転換して「パリ協定」に正式復帰したバイデン米大統領
 
 米国は、2021年2月19日、地球温暖化対策の国際的な枠組みである「パリ協定」に正式に復帰した。バイデン米大統領は、就任初日の1月20日に関係者に同協定への復帰を指示しており、今般、規定で定められている申請から30日を経た2月19日に正式復帰が認められたものである。
 
米国南部への大寒波の襲来で1年ぶりの水準へと高騰した原油価格
2021-02-19
●米国南部への大寒波の襲来で1年ぶりの水準へと高騰した原油価格
 
 米国の南部州を中心に広域を襲った厳しい寒波の影響により、テキサス州からニューヨーク州の約530万世帯が、2021年2月16日、停電に見舞われた。そのため、米・メキシコ湾岸の石油施設・製油所の多くも操業停止となり、エネルギー産業等の製造業にも被害が広がっている。
株式会社インスペックス
〒105-0011
東京都港区芝公園1-3-5
ジー・イー・ジャパンビル4F
TEL.03-5405-7234
FAX.03-5405-7235
───────────────
・ビジネスコンサルティング
───────────────
034038
<<株式会社インスペックス>> 〒105-0011 東京都港区芝公園1丁目3-5 ジー・イー・ジャパンビル4階 TEL:03-5405-7234 FAX:03-5405-7235