株式会社インスペックス|東京都港区|中東|ビジネス|コンサルティング

201303131929325672.jpg
 

速報記事

 

中東経済情報

中東経済情報
 
ガソリン車とディーゼル車の販売禁止を5年早めて2035年からとした英国首相
2020-02-17
●ガソリン車とディーゼル車の販売禁止を5年早めて2035年からとしたジョンソン英国首相
 
 英国のジョンソン首相は、2020年2月4日、記者会見で、ガソリン車とディーゼル車の国内での新規販売を禁じる時期を、2017年に打ち出していた2040年から5年前倒しして2035年とし、同時にハイブリッド車(HV)も新たに禁止対象に加えることを発表した。
 
新型コロナウイルスの影響で世界石油需要の予想を下方修正
2020-02-14
●新型コロナウイルスの影響を理由に2020年の世界石油需要の予想を下方修正した米エネルギー省エネルギー情報局と石油輸出国機構
 
 米エネルギー省エネルギー情報局(EIA)と石油輸出国機構(OPEC)は、それぞれ2020年2月11日と2月12日に発表した月報で、以下に見るように、新型コロナウイルスの影響を理由として2020年の世界石油需要の予想を下方修正した。
 
=米エネルギー省エネルギー情報局(EIA)の見通し=

① 新型コロナウイルスの感染拡大による渡航制限、及びその影響による中国経済の減速から、(2020年の世界の)石油需要は減少する。
 
経済に大きな影響を与えそうなCOVID-19と名付けられた新型コロナウイルス
2020-02-13
●湾岸協力会議(GCC)諸国の経済に大きな影響を与えそうな「COVID-19」 と名付けられた新型コロナウイルス
 
 中東の専門家や専門機関は、世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長が、2020年2月11日、「COVID-19(注)」と名付けたことを発表した新型コロナウイルスによる肺炎が、湾岸協力会議(GCC)諸国の経済に大きな影響を与えそうだと見ている。
 
(注) 説明によれば、「コロナウイルス病」の英語表記を略した「COVID(コビッド)」と、感染が報告された2019年を組み合わせて命名された。
 
石油需要減退でGCC産油国の資産が2034年までになくなるという発表、IMF
2020-02-13
●石油需要の減退等でGCC産油国の資産が2034年までになくなるという厳しい見方の報告書を発表した国際通貨基金(IMF)​
 
 国際通貨基金(IMF)は、今般、石油需要がピーク水準に達するので、総額約2兆ドルのGCC産油国の資産が、15年以内になくなるという厳しい見方の報告書を発表した。同報告書の主な見方を箇条書きで整理すれば、次のようになる。

① 世界の石油需要は予想より早く落ち始め、湾岸協力会議(GCC)6か国の財政に緊張をもたらすかもしれない。
 
新型コロナウイルスの感染拡大による石油需要への影響を懸念し始めたOPEC
2020-01-31
●中国・武漢市から始まった「新型コロナウイルス」の感染拡大による石油需要への影響を懸念し始めた石油輸出国機構(OPEC)
 
 中国・武漢市から始まった「新型コロナウイルス」の感染拡大が、2020年の中国の石油需要を大きく減退させるのではないかとの見方が出てきたことを受けて、石油輸出国機構(OPEC)が対応策の必要性を検討しているようだ。
 
本年の同機構への需要は減少と見るOPECと地政学リスクは対応可能と見IEA
2020-01-28
●本年の同機構への需要は減少と見る石油輸出国機構(OPEC)と地政学リスクは対応可能と見る国際エネルギー機関(IEA)​
 
 石油輸出国機構(OPEC)は、2020年1月15日に発表した報告書で、概要次のように述べ、同年の世界的な原油需要は増えるものの、OPEC産原油の需要は減少するとの見通しを示した。
 
① 2020年の石油需要は、景気見通しが改善されたほか、インドと中国の需要が増加する見込みであることから、122万B/Dの増加と予測する。
 
湾岸協力会議の中で2019年の最優良株式市場となったクウェイト株式市場
2020-01-15
●湾岸協力会議(GCC諸国)の中で2019年の最優良株式市場となったクウェイト株式市場
 
 クウェイト金融センター(別称、マルカズ)は、2020年1月上旬、同国の株式市場である「ブルサ・クウェイト」が、2014年以降で最高の株価の値上がりを記録し、湾岸協力会議(GCC諸国)の中で2019年の最優良株式市場となったことを明らかにした。
 
上昇から4日連続での下落に転じたサウジ国営石油企業サウジアラムコの株価
2019-12-23
●上場から4日連続での上昇から4日連続での下落に転じたサウジ国営石油企業サウジアラムコの株価
 
 サウジアラビアの国営石油企業サウジアラムコの株価は、2019年12月22日(日曜日)の午前11時50分時点では、1株当たり35.05サウジ・リアル(SR、約9.347米ドル、1019円弱)と、上場後の日中としては最安値を付けた。
 
国際石油市場では2020年も供給過剰が続くと予測する国際エネルギー機関
2019-12-20
●国際石油市場では2020年も供給過剰が続くと予測する国際エネルギー機関(IEA)​
 
 国際エネルギー機関(IEA)は、2019年12月12日に発表した最新月報で、概要次のように分析し、2020年の国際石油市場は引き続き供給過剰になるという見通しを明らかにした。
 
過去3年で最も低水準に下がった2019年第3四半期のサウジ人の失業率
2019-12-18
●過去3年で最も低水準に下がった2019年第3四半期のサウジ人の失業率
 
 2019年第3四半期(2019年7月~9月)のサウジ人の失業率が、過去3年で最も低水準に下がったことが明らかにされた。サウジ総合統計庁が、12月15日に発表したデータによれば、2019年第3四半期(2019年7月~9月)のサウジ人の失業率は12.0%と、同年第2四半期(2019年4月~6月)の12.3%から低下し、過去3年で最も低い水準となった。
株式会社インスペックス
〒105-0011
東京都港区芝公園1-3-5
ジー・イー・ジャパンビル4F
TEL.03-5405-7234
FAX.03-5405-7235
───────────────
・ビジネスコンサルティング
───────────────
030812
<<株式会社インスペックス>> 〒105-0011 東京都港区芝公園1丁目3-5 ジー・イー・ジャパンビル4階 TEL:03-5405-7234 FAX:03-5405-7235