株式会社インスペックス|東京都港区|中東|ビジネス|コンサルティング

201303131929325672.jpg
 

速報記事

 

イラク情報

イラク情報
 
イラク情勢概要(その2)
2020-05-19
イラク情勢概要(その2)
 
<政府>
 
バグダッド空港へのカチューシャ・ロケット攻撃 米国・イラクの戦略的対話に先立つメッセージか?
 
 イランと連携する民兵組織の米権益に対する攻撃での1ヵ月続く小康状態は、米軍基地と米大使館の支部となるバグダッド外交支援センターを迎え入れている、バグダッド国際空港の近くにカチューシャ・ロケット弾3発が着弾した際の5月6日に終わってしまったかもしれない。
 
 
イラク情勢概要(その1)
2020-05-18
イラク情勢概要(その1)
 
<政府>
 
イランによる影響力が弱まることを示唆する新政府の承認
 
 イラク議会は、ムスタファ・アル=カディミ(Mustafa al Kadhimi)首相と、同首相が樹立する内閣を承認した(5月7日)。これは、2019年11月30日にアディル・アブドゥル・マハディ氏(Adil Abdul Mahdi)の政府が辞任し、暫定政府として続けて以来、初めての本格的なイラク政府となり、アル=カディミ氏は、政権を樹立しようとしていた3人目の指名首相であった。
 
 
イラク情勢概要
2020-05-07
イラク情勢概要
 
イラクにおける米国・イランの対立
 
 先月(=4月)においては、イランが提携するシーア派民兵組織は、米軍を迎え入れている軍事基地への新たなロケット弾攻撃の開始を控えていた。何故だろうか、そして、彼らは引き続き攻撃を控えるつもりなのだろうか?
 
一つの理由として、米軍駐留は攻撃を受けにくくなっていることがある。
 
 
イラク情勢概要
2020-04-16
イラク情勢概要
 
イラク国家に対する石油価格の脅威
 
 イラクは、政権存続の危機に発展するかもしれない大きな財政危機に向かって進んでいる。イラク社会は、経済的に有給職、年金、その他政府の支払いに深く依存しており、それには、農産業に助成金を払ことや、栄養摂取の援助を提供することなど、社会保障制度と国の食糧支援制度の両方を含んでいる。
 
 
イラク情勢概要
2020-04-14
イラク情勢概要
 
コロナウイルス:世界的な大流行(パンデミック)と闘うことが出来ない脆弱な政府
 
 政変の渦中にあるイラクは、コロナウイルスの影響を食い止めるために悪戦苦闘している。イラクの州の半分以上もまた、様々な期間で個別の外出禁止令を発表しているということで、バグダッドは、3月17日に6日間の外出禁止令を始めた。
 
 出入国する全ての航空便は3月24日まで一時停止となっている。
 
 
イラク情勢概要
2020-03-17
イラク情勢概要
 
コロナウイルス
 
 イラク政府は、国境を通じたコロナウイルスの拡散を防ぐため、イランとクウェイトとのイラク国境を越える商業交流を一時的に停止した(3月5日)。その動きはまた、イランとの国境を接している4つの行政区域(メイサン/Maysan州、バスラ/Basra州、ディヤーラ/Diyala州、ワーシト/Wasit州)からの正式な要請を具現化した国民の要求にも応えて行われた。
 
 
イラク情勢続報・概要(その2)
2020-03-09
イラク情勢続報・概要(その2)
 
政治的危機:未だ無政府状態
 
 イラクのバルハム・サレハ(Barham Salih)大統領によって、2月1日に新たな首相として指名されたムハンマド・タウフィク・アラウィ(Muhammad Tawfiq Allawi)氏は、憲法によると、自身の政府を組閣して、議会における信任投票へ持ち込むために30日を有している。その議会においては、議会の329人のうち、少なくとも165人の承認を得る必要がある(すなわち、絶対多数)。
 
 
イラク情勢続報・概要(その1)
2020-03-06
イラク情勢続報・概要(その1)
 
コロナウイルス
 
 イラクは、2月21日、イラク人でない者(すなわち、主にイラン人)に対してイランからイラクへ入ることと、イラク人に対してイランから入って来ることを禁止し、その禁止令を2月23日に15日間延長した。イラクはまた、イラク・イラン線の航空便運航も一時停止し、貿易活動と旅行者たちに対してイランとの国境検問所を閉鎖した。
 
 
イラク情勢続報・概要(その2)
2020-02-18
イラク情勢続報・概要(その2)
 
成功する機会は乏しい指名された首相
 
 アブドゥル・マハディ(Abdul-Mahdi)首相の辞任(2019年11月30日)から2か月が過ぎ、議会が後継者を指名することが出来なかった際、イラクのバルハム・サレハ(Barham Salih)大統領は、1月29日、新たな首相を指名するよう議会に3日を与え、もし、議会が指名することが出来ない場合、新たな政府を結成するために議会と人々に最も受け入れられると同大統領が思う者なら誰でも、自身の憲法上の権限と職務を行使して任命することになるだろうと警告していた。
 
 
イラク情勢続報・概要(その1)
2020-02-14
イラク情勢続報・概要(その1)
 
最重要点:
 
 その政治危機は、ムクタダ・アル=サドル師(Muqtada al-Sadr)が抗議運動に背を向けて、それを鎮圧するために自身の信奉者たちを送り込んだ際に重大な方向転換をしている。2014年にバグダッドとその他イラクの都市で、政府の腐敗、公共サービスの欠如、そして失業に対する抗議においての反政府デモが始まった際、ムクタダ・アル=サドル師は、それらのデモをコントロールして、自身のシーア派の政治的ライバルたちに対する政治的利点としてこの支配権を利用しようとして、直ぐにそれらのデモを支援しており、同師はその時からそうしていた。
 
株式会社インスペックス
〒105-0011
東京都港区芝公園1-3-5
ジー・イー・ジャパンビル4F
TEL.03-5405-7234
FAX.03-5405-7235
───────────────
・ビジネスコンサルティング
───────────────
031600
<<株式会社インスペックス>> 〒105-0011 東京都港区芝公園1丁目3-5 ジー・イー・ジャパンビル4階 TEL:03-5405-7234 FAX:03-5405-7235