株式会社インスペックス|東京都港区|中東|ビジネス|コンサルティング

201303131929325672.jpg
 

速報記事

 

イラク情報

イラク情報
 
イラク情勢概要
2019-09-26
イランによる浸食度を背景にするイラクでのシーア派内部闘争

 アブドゥル・マハディ(Abdul-Mahdi)首相の政府は、一方ではイラン、他方ではイスラエルを含む地域の対抗諸国との間の紛争に引きずり込まれるのを出来るだけ避けようとしている。

 これは、イラクにおけるイランの活動に関して政府が何の影響力もないこと、そして、イランの支配下にあるイラクのシーア派民兵組織に関しても影響力がないに等しいことを考えると、非常に難問である。
(他、2本)
 
 
イラク情勢概要
2019-09-06
イラク最新情報概要
 
<イラク – さらに飛び火するイランの紛争>
 
イスラエル要因

 8日以内で、親イラン派のシーア派民兵組織がイラン製のロケット弾とミサイルを格納していた二つの場所が空から攻撃され、それらの場所に保管していた武器が損害を受けた。

 最初に攻撃されたのは(8月12日)、バグダッド南部アル=デュラ(al-Dura)近隣にあるアル=サクル(al-Saqr)基地にある倉庫であった。
(他、3本)
 
 
イラク最新情報概要
2019-08-19
イラク最新情報概要
 
<米国・イラン紛争の活動領域としてのイラク>
 
イラクの空域に対する争い

 2014年の夏、イラクの北部及び西部の大部分をISISが奪取して以来、国際(有志)連合の一部としての米国は、(ISISが存在しなかったイラク南部を除いて)イラクの空に関する支配権をイラク空軍と共有している。ISISによる領土的なカリフ制が終わった後でさえも、米国の航空機がISIS反乱者たちと戦闘するイラク軍を支援し続けているので、この状況は継続しており、米国人たちはまた、アル=ハサカ(al-Hasakah)、デリゾール(Deir al-Zor)、アル=ブカマル(al-Bukamal)など、シリアの東部と北東部の上空も支配している。
(他、2本)
 
 
イラク最新情報概要
2019-08-02
イラク最新情報概要
 
イランとシーア派民兵組織に対するイラク軍の役割を巡る対立

 イラク軍は、イラクにおいて、シーア派民兵組織の権力と複雑なイランの計画を制限することが出来る同国における唯一の勢力である。それ故、イランと提携している民兵組織は、自分たちがイラク治安部隊の正式な要の部隊であり、イラク首相に報告する義務がある人民動員部隊(PMU)という統括組織の隊員であるにもかかわらず、イラク軍を弱体化するために行動を起こしている。
(他、5本)
 
 
イラク最新情報概要
2019-07-16
イラク最新情報概要
 
継続するイラクでの代理勢力の闘争 - 巻き込まれるマハディ首相

 アディル・アブドゥル・マハディ(Adil Abdul-Mahdi)首相は、人民動員部隊(PMU、またはPMF)の下でグループ化したシーア派民兵組織に対して、それらの地域の司令部、経済活動のための事務所、様々な州においてそれらが管理する検問所を7月31日までに閉鎖するよう命じた(7月1日)。
(他、2本)
 
 
イラク最新情報概要
2019-07-08
イラク最新情報概要
 
イランのエネルギー購入に対する制裁からイラクを適応除外する米国

 米国は、3月に第二のイラン制裁からイラクの適用除外期間を90日間延長しており、イラクが発電用の電力と天然ガスをイランから引き続き輸入することを可能にしている。米国は、6月15日、再び、今回は120日間の適用除外期間を延長した。
(他、4本)
 
 
イラク及びクルド自治政府(KRG)の現情勢(その2)
2019-06-21
イラク及びクルド自治政府(KRG)の現情勢(その2)
 
バグダッドとエルビル間の石油収入を巡る新たな係争

 イラクの2019年度連邦予算法の下では、クルド自治政府(KRG)が国家予算の割り当て分を受け取ることの見返りに、KRGは国営石油販売公社(SOMO)を通じて、日量25万バレルの石油を連邦政府に納入しなければならない。だが、明らかにそれは納入されていない。
(他、1本)
 
 
イラク及びクルド自治政府(KRG)の現情勢(その1)
2019-06-20
イラク及びクルド自治政府(KRG)の現情勢(その1)
 
何故、米軍駐留を終わらせるという発案権は凍結してしまったのか?

 イラク議会内の親イラン派グループは、ここ数か月において、イラク国内にいる外国軍の駐留を終わらせるために行動するよう、イラクの首相に義務付けることになる法案の準備に取り組んでいた。その法案というのは、何よりも米軍の駐留を終わらせることを目的としている。
(他、2本)
 
 
イラク情勢続報・概要(その2)
2019-06-14
イラク情勢続報・概要(その2)
 
ムクタダ・アル=サドル師による混沌とした “反汚職” 運動

 ムクタダ・アル=サドル師(Muqtada al-Sadr)は、数年にわたって自分自身を汚職との闘いに立ち向かう闘士であると位置づけてきた。最近、同師は自身のサドル派の上級幹部に対して反対運動を起こしており、同師はそれを汚職、もしくは商取引のために自分の名前を利用していることで非難している。そして、同師はそれらの者たちに対して様々な処罰を発出しており、それによって、国家および国家の法的諸制度に関する権威を侵害している。
 
(他、1本)
 
 
イラク情勢続報・概要(その1)
2019-06-13
イラク情勢続報・概要(その1)
 
米国が更新するイラン産エネルギーの購入をイラクに許可する制裁免除

 イラクが発電用に電力と天然ガスをイランから輸入することを許すという、米国が3月19日にイラクに与えた制裁からの適用除外期間90日が期限切れとなったので、米国は新たな適用除外期間をイラクに与えた(5月22日)。しかしながら、新たな適用除外について発表する際、米国大使館は、米国はイラン産エネルギーにイラクが頼ることを中断するのを助けるため、イラクと共に取り組んでいると述べた。イラクは、現在、イラン産エネルギーを輸入することに関して、米国の制裁から除外されているたった一つの国である。
 
株式会社インスペックス
〒105-0011
東京都港区芝公園1-3-5
ジー・イー・ジャパンビル4F
TEL.03-5405-7234
FAX.03-5405-7235
───────────────
・ビジネスコンサルティング
───────────────
029703
<<株式会社インスペックス>> 〒105-0011 東京都港区芝公園1丁目3-5 ジー・イー・ジャパンビル4階 TEL:03-5405-7234 FAX:03-5405-7235