株式会社インスペックス|東京都港区|中東|ビジネス|コンサルティング

201303131929325672.jpg
 

速報記事

 

サウジアラビア情報

サウジアラビア情報
1
 
サウジアラビア情勢・緊急の状況報告 2019.09.19
2019-09-19
<ムハンマド・ビン・サルマン(MBS)皇太子の立場>
 
攻撃に関する緊急の初期批評:
 
 サウジアラビアの石油設備に対する攻撃を巡る危機が展開しているので、我々は現在の状況に注目している。状況は変わるかもしれず、その攻撃の意味合いは未だ明らかではない。
 
 現在のところ、サウジの一日の生産量は570万バレルに削減されており、それはサウジの総生産量の50%以上に相当し、それは世界の生産量の3%に近い。
(ほか2件)
 
 
サウジアラビア情勢・概要 2019.09.17
2019-09-17
<ムハンマド・ビン・サルマン(MBS)皇太子の立場>
 
新たな国王令
 
 サルマン国王は、幾つかの国王令を発出した(8月30日)。それらは、疑いようもなく、ムハンマド・ビン・サルマン(MBS)皇太子の主導によるものであり、同皇太子の方針を前に進めることと、自身の権力保持を強化することを目的としていた。その国王令の一つは、新たに産業・鉱物資源省を設けるというものであり、その省をエネルギー省から分離している。
(ほか3件)
 
 
サウジアラビア情勢・概要 2019.07.12
2019-07-12
未だに熱しているカショギ氏事件
 
 国連による裁判外、即決、専制的に行われる処刑についての特別報告者は、2018年10月のジャマル・カショギ氏(Jamal Khashoggi)殺害事件について6月19日に公表された報告書の中で、証拠が提示していることは、ムハンマド・ビン・サルマン(MBS)皇太子とその他のサウジ高官たちは、カショギ氏の死に責任があるということであると述べた。同報告者は、MBS皇太子を含む、サウジの高級官僚たちに関する個人責任についての更なる捜査を正当化する確かな証拠があり、相談を受けたあらゆる専門家が、控えめに述べても、このような規模の作戦が、同皇太子が気付かずに実行され得るということはあり得ないと思うと述べており、カショギ氏に向けられたある種の犯罪となる本質を持つ任務が着手されていたと、さらにその報告書で述べた。
(ほか1件)
 
 
サウジアラビア情勢・概要 2019.06.18
2019-06-18
今のところイエメンにおけるサウジ主導の戦争に対する米国の支援を終わらせるための米議会の取り組みは失敗している – 最新情報
 
 イエメンでのサウジ主導による戦争に対する米国の支援を終わらせる方向にトランプ大統領を向かわせ、そしてまた、同大統領の戦争遂行への権限を取り上げるための歴史的な試みでもあった超党派の議会決議は、予期されたように、4月16日にトランプ大統領によって拒否権を行使された。大統領の拒否権を覆すため、その決議の発議者たちは上院における3分の2の大多数を必要としていた。上院がその拒否権に対する投票を行った際(5月2日)、拒否権を無効にすることを支持して投票したのは、45票に対して53票であり、求められた3分の2に達しなかった。
(ほか1件)
 
 
サウジアラビア情勢・概要 2019.04.23
2019-04-23
米議会で可決されてトランプ大統領によって拒否権が発動されたイエメン戦争での米国の役割を終わらせる法案
 
 米下院は、イエメンにおけるサウジ主導の戦争に米軍が関与することを終わらせる超党派の決議を可決した(4月4日)。その前に、(大統領への意欲を持つ民主党のバーニー・サンダース/Bernie Sanders氏によって提出された)その決議は3月に米上院で通過していた。
 
 
サウジアラビア情勢・概要追加 2019.04.12
2019-04-12
資金洗浄のブラックリストにサウジアラビアを加えるというEUの発案権をEU自体が妨害
 
 我々の前回のレポートにおいて留意していたことは、欧州連合(EU)がサウジアラビアに圧力を掛けているということであった。現在、それはむしろ、通常通りの状態に戻っているように見える。ブリュッセルで会談しているEU諸国の代表者たちは、資金洗浄(マネーロンダリング)に関する規制(手段)が緩いことに対して、ブラックリストにサウジアラビア(及び米国の4つの領土)を加えるという欧州委員会による提案を全会一致で拒否した(3月1日)。
 
 
 
サウジアラビア情勢・概要追加 2019.03.11
2019-03-11
左寄りの英国日刊新聞であるザ・ガーディアン紙は、サルマン(Salman)国王とムハンマド・ビン・サルマン(MBS)皇太子の間で亀裂が大きくなっていると主張する報告を発表した。
 
 
サウジアラビア情勢・概要(その2) 2019.03.07
2019-03-07
アジアへ方向転換するMBS皇太子
 
 ムハンマド・ビン・サルマン(MBS)皇太子は西側では増々遠ざけられているので、インドネシア、マレーシア、パキスタン、インド、中国というアジアの5ヵ国の周遊を計画して、サウジアラビアの経済的、外交的、そして安全保障の関係を主要なアジアの国々と強化するという関心を同国が持っていることを示唆している。それは、一部の解説者らが、サウジが東側へ方向転換していると評している動きである。
 
 
サウジアラビア情勢・概要(その1) 2019.03.06
2019-03-06
権力を確固たるものとしているMBS皇太子
 
 サルマン(Salman)国王は、2月23日、エジプトのリゾート地であるシャルム・アル=シェイク(Sharm al-Sheikh)で開催される初の欧州連合(EU)・アラブ連盟サミットに参加するために同地へ渡航した。同国王の出発に先立ち、サルマン国王は、国王の不在期間中ずっと “国政を導くため” にムハンマド・ビン・サルマン(MBS)皇太子を代理に任命する王室政令を発出した。
 
 
サウジアラビア情勢・概要 2019.02.22
2019-02-22
ロシアとの関係
 
 ロシア対外情報庁(SVR)のセルゲイ・ナルイシキン(Sergey Naryshkin)長官がサウジアラビアを訪れ、ムハンマド・ビン・サルマン(Muhammad bin Salman:MBS)皇太子及びサウジのカウンターパートであるハーリド・アル=フマイダーン長官と会談した(1月21日)。公式発表によると、MBS皇太子との会談で、ナルイシキン長官は二国間の協力関係及び地域の安全について議論し、ハーリド・アル=フマイダーン長官とは、二国間の諜報機関、とりわけテロリズムに対する戦いに関しての協力を強化する手段について議論したという。
 
1
株式会社インスペックス
〒105-0011
東京都港区芝公園1-3-5
ジー・イー・ジャパンビル4F
TEL.03-5405-7234
FAX.03-5405-7235
───────────────
・ビジネスコンサルティング
───────────────
029703
<<株式会社インスペックス>> 〒105-0011 東京都港区芝公園1丁目3-5 ジー・イー・ジャパンビル4階 TEL:03-5405-7234 FAX:03-5405-7235