株式会社インスペックス|東京都港区|中東|ビジネス|コンサルティング

201303131929325672.jpg
 

速報記事

 

サウジアラビア情報

サウジアラビア情報
1
 
サウジアラビア情勢・続報概要 2020.03.24
2020-03-24
サウジアラビア情勢・続報概要
 
 サウジアラビアの王子4人が、MBS皇太子による命令の下、クーデターを計画していたとされて逮捕され(3月6日)、反逆罪で告発された。サウジ政府からの発表も、国営メディアによる報告も、どちらも行われていないが、その逮捕は、サルマン(Salman)国王の弟であるアフマド・ビン・アブドゥルアジズ(Ahmad bin Abdul-Aziz)王子;そのアフマド王子の息子で、陸軍諜報機関の元長官であったナーイフ・ビン・アフマド(Nayef bin Ahmad)王子;前皇太子で、国王の甥であるムハンマド・ビン・ナーイフ(Muhammad bin Nayef:MBN)王子;そして、MBN王子の異母兄弟であるナッワーフ・ビン・ナーイフ(Nawaf bin Nayef)王子である。
 
 
サウジアラビア情勢・続報概要 2020.03.16
2020-03-16
サウジアラビア情勢・続報概要
 
カタールとの紛争解決に進展なし
 
 2019年11月、GCCにおける危機、すなわち、そこに入っているのは、GCC加盟諸国のサウジアラビア、アラブ首長国連邦(UAE)、バハレーンだけでなく、エジプトとその他幾つかのアラブ諸国も入っているが、その危機が解決に向けて進展しているという希望があった。
(ほか2件)
 
 
サウジアラビア情勢・続報概要 2019.12.23
2019-12-23
アラムコのIPOとムハンマド・ビン・サルマン(MBS)皇太子の名声に与える影響
 
 サウジアラムコは株式を公開し、サウジ証券取引所のタダウル(Tadawul)に同社の株式を詳細不明のパーセンテージで売却する計画であることを発表した(11月3日)。アラムコは、11月10日、新規株式公開(IPO)が11月17日に始まることになると述べ、最終株価は申し込み締め切り日の翌日、12月5日に確定されるだろうと述べた。
(ほか4件)
 
 
サウジアラビア情勢・概要 2019.11.15
2019-11-15
西側でのサウジアラビアの立場を改善させる新たな外相
 
 サルマン国王は、10月23日、政府の二人の大臣を交代させた。運輸大臣が交代したのは、聖地メディナ(Madinah)近くで起こったバス事故が、外国人巡礼者35人を死亡させたからであった。
(ほか1件)
 
 
サウジアラビア情勢・緊急の状況報告(その2) 2019.10.29
2019-10-21
武器と兵士を送るが、戦うことはない米国
 
 米国防総省は、9月20日に発表されていた防空装備と兵士200人の配置に加えて、サウジ王国の防衛を強化するために、追加の米軍部隊をサウジアラビアへ展開することを発表した(10月11日)。
(ほか2件)
 
 
サウジアラビア情勢・緊急の状況報告(その1) 2019.10.21
2019-10-21
イランに対する戦略変更
 
 アブカイク(Abqaiq)及びクライス(Khorais)に対する攻撃の後、米国のテレビでインタビューを受けたムハンマド・ビン・サルマン(MBS)皇太子は(そのインタビューは9月29日に放映された)、もし、世界がイランを抑止するために強気で断固たる行動を取らないならば、世界の利益を脅かすことになり、石油供給が混乱させられることになり、油価は “我々が生涯で見たこともない、想像を絶するほどの高い数字に跳ね上がることになる” という、イランによる更なる(緊張の)高まりがあるだろうと警告した。
(ほか2件)
 
 
サウジアラビア情勢・緊急の状況報告 2019.09.19
2019-09-19
<ムハンマド・ビン・サルマン(MBS)皇太子の立場>
 
攻撃に関する緊急の初期批評:
 
 サウジアラビアの石油設備に対する攻撃を巡る危機が展開しているので、我々は現在の状況に注目している。状況は変わるかもしれず、その攻撃の意味合いは未だ明らかではない。
 
 現在のところ、サウジの一日の生産量は570万バレルに削減されており、それはサウジの総生産量の50%以上に相当し、それは世界の生産量の3%に近い。
(ほか2件)
 
 
サウジアラビア情勢・概要 2019.09.17
2019-09-17
<ムハンマド・ビン・サルマン(MBS)皇太子の立場>
 
新たな国王令
 
 サルマン国王は、幾つかの国王令を発出した(8月30日)。それらは、疑いようもなく、ムハンマド・ビン・サルマン(MBS)皇太子の主導によるものであり、同皇太子の方針を前に進めることと、自身の権力保持を強化することを目的としていた。その国王令の一つは、新たに産業・鉱物資源省を設けるというものであり、その省をエネルギー省から分離している。
(ほか3件)
 
 
サウジアラビア情勢・概要 2019.07.12
2019-07-12
未だに熱しているカショギ氏事件
 
 国連による裁判外、即決、専制的に行われる処刑についての特別報告者は、2018年10月のジャマル・カショギ氏(Jamal Khashoggi)殺害事件について6月19日に公表された報告書の中で、証拠が提示していることは、ムハンマド・ビン・サルマン(MBS)皇太子とその他のサウジ高官たちは、カショギ氏の死に責任があるということであると述べた。同報告者は、MBS皇太子を含む、サウジの高級官僚たちに関する個人責任についての更なる捜査を正当化する確かな証拠があり、相談を受けたあらゆる専門家が、控えめに述べても、このような規模の作戦が、同皇太子が気付かずに実行され得るということはあり得ないと思うと述べており、カショギ氏に向けられたある種の犯罪となる本質を持つ任務が着手されていたと、さらにその報告書で述べた。
(ほか1件)
 
 
サウジアラビア情勢・概要 2019.06.18
2019-06-18
今のところイエメンにおけるサウジ主導の戦争に対する米国の支援を終わらせるための米議会の取り組みは失敗している – 最新情報
 
 イエメンでのサウジ主導による戦争に対する米国の支援を終わらせる方向にトランプ大統領を向かわせ、そしてまた、同大統領の戦争遂行への権限を取り上げるための歴史的な試みでもあった超党派の議会決議は、予期されたように、4月16日にトランプ大統領によって拒否権を行使された。大統領の拒否権を覆すため、その決議の発議者たちは上院における3分の2の大多数を必要としていた。上院がその拒否権に対する投票を行った際(5月2日)、拒否権を無効にすることを支持して投票したのは、45票に対して53票であり、求められた3分の2に達しなかった。
(ほか1件)
 
1
株式会社インスペックス
〒105-0011
東京都港区芝公園1-3-5
ジー・イー・ジャパンビル4F
TEL.03-5405-7234
FAX.03-5405-7235
───────────────
・ビジネスコンサルティング
───────────────
031600
<<株式会社インスペックス>> 〒105-0011 東京都港区芝公園1丁目3-5 ジー・イー・ジャパンビル4階 TEL:03-5405-7234 FAX:03-5405-7235