株式会社インスペックス|東京都港区|中東|ビジネス|コンサルティング

201303131929325672.jpg
 

速報記事

 

イラン情報

イラン情報
1
 
イラン情勢・定期報告書 2020.05.21
2020-05-21
イラン情勢・定期報告書
 
最重要点:
 
 イランは、決断に基づき、核爆弾を製造する能力に達して、それを弾道ミサイルで発射しようとする活動を続けている。これらの活動におけるイランの目的は、もし、新たな核交渉が実施される場合には、強い交渉の立場となるためであるか、もしくは、もう一つの方法として、もし、イランが交渉による取引を通じて制裁を解除させることに希望を見いだせない場合には、軍事的な核保有国になることである。
 
 
イラン情勢・定期報告書 2020.04.20
2020-04-20
イラン情勢・定期報告書
 
米国はパンデミックを考慮してイラン制裁を緩和するだろうか?
 
 マイク・ポンペオ米国務長官は、コロナウイルスの蔓延と闘うのを助けるため、イラン(及びその他国家)への制裁を緩和することを考慮するかもしれないという可能性を残した( 3 月 3 1 日)。
 
 米国が、制裁緩和について、同国の立場を再評価する という ことがあるかもしれないのかと尋ねられ、 ポンペオ長官は次のように述べた:“我々は常に我々の政策を全て評価しているので、我々が今まで再考したことがあるのかという質問なら、その答えは、もちろんである”。
 
 
イラン情勢・定期報告書 2020.03.13
2020-03-13
イラン情勢・定期報告書
 
 極めて深刻になっているイランでのコロナウイルス、そして、議会選挙の結果について、最新の情報に更新している。イランは、国際的な孤立感が高まっている状況下にある。正に、イラン政権存続においての疑問がある。脅威が高まっているという状況下に政権があるので結束を固めており、同時に、ひそかに核分野において前進している(テヘランが国際原子力機関/IAEAとの全面的な協力を止めて、核不拡散条約/NPTから撤退することになるという懸念から、欧州諸国が更なる制裁を負わせることに不本意だということを利用している)。
 
 
イラン情勢・定期報告書 2020.01.23
2020-01-23
イラン情勢・定期報告書
 
 今回は、ソレイマーニ司令官への米国による攻撃後と、その影響についての状況分析であり、1月15日までの情報から纏めている。我々は、この危機の始まりから更新を続けており、また、米国とイランの間の対立で主要な舞台となっているイラクに直接関係する問題についても(我々のイラク概要レポートの中で)幅広く網羅している。従って、このレポートは追加的見識についてのレポートである。我々は進展に基づいて、引き続き網羅しながら更新していく。
 
 
イラン情勢・定期報告書(その2) 2019.12.25
2019-12-25
イラン情勢・定期報告書(その2)
 
<イランによる別の攻撃がある危険性>
 
地域における米軍及び米権益へのイランによる脅威から警告を発する米当局
 
 米国防省当局者は、前の数週において、中東における米軍と米国の権益に対して、イランによる潜在的な脅威があるという最新の一致した情報があることについて述べたと伝えられている。

 その情報は、米国が懸念していたイランの部隊と武器の移動があり、もしそれがイラン政権によって命じられれば、潜在的な攻撃のために配備されるかもしれないことを示していた。
 
(他、1本)
 
 
イラン情勢・定期報告書(その1) 2019.12.25
2019-12-25
イラン情勢・定期報告書(その1)
 
最重要点:
 
1. イラン政権は、武力を用いることだけで、何とか一週間以内に “ガソリン抗議” を鎮圧することが出来た。根深い国民の不満を大きくさせる根本的な経済的状況は変わらぬままである。しかしながら、イラン政権によって取られるどんな新たな緊縮政策にも、新たな抗議行動の波が後に続いて起きる可能性がある。加えて、同政権が正当性を失っているという明らかな兆しがある。
 
(他、2本)
 
 
イラン情勢・定期報告書(その2) 2019.11.22
2019-11-22
イラン情勢・定期報告書(その2)
 
米国との交渉は行わないイラン
 
 前回述べていたロウハニ大統領による11月4日の演説において、同大統領は、もし米国がJCPOAに復帰して制裁を解除すれば、イランは核協議を再開する用意があると述べていた。

 この発言は、最高指導者ハメネイ師が11月3日に行った発言と矛盾していた。すなわち、その発言の中で同師は、イランが米国との協議に関する禁制を解くことはないだろうという立場を繰り返し表明していた。
 
(他、1本)
 
 
イラン情勢・定期報告書(その1) 2019.11.21
2019-11-21
イラン情勢・定期報告書(その1)
 
イランによるJCPOA以前の核開発計画の一部再活性化とその意義
 
 イランは、米政権の “最大限の圧力” を受けて、同国の “最大限の抵抗” 政策を段階的に引き上げ続けている。JCPOAに留まるためにイランを補償するという、欧州のJCPOAパートナー諸国にイランが与えた2か月の最後通告が11月6日に期限切れとなる前、イランは “JCPOA下における同国の義務を縮小すること”(すなわち、合意違反ということ)において、4段階目と呼ぶものを発表した。
 
 
 
イラン情勢・定期報告書(概要続報) 2019.09.20
2019-09-20
イラン情勢・定期報告書(概要続報)
 
政権を支持する経済情勢
 
 米制裁から一年後、そのうち最も大きな影響の一つが、2018年の日量280万バレルから、日量30万バレルから80万バレルの範囲にイランの石油輸出が減少してしまったことであり、イランはその圧力に屈しておらず、米国の条件下で交渉するつもりはない。何故だろうか?
(ほか、2件)
 
 
イラン情勢・定期報告書(概要) 2019.09.10
2019-09-10
イラン情勢・定期報告書(概要)
 
交渉についての交渉
 
 欧州のJCPOAパートナー諸国に対する、イランによる現在2度目の2か月という最後通告の最終期限である9月7日が近づいた。そして、欧州企業がイランと貿易するために、イランの石油輸出と金融制度への米国制裁に大規模に逆らうという可能性は低い。これ故に、欧州のJCPOAパートナー諸国と米国は、“圧力に対抗する” というイランの戦略の枠組みにおいて、イランがその脅迫を実行に移し、例えば、ウラン濃縮の純度5%を超えることやアラク(Arak)重水炉を再稼働させることなど、JCPOAの違反行為を段階的に増大するだろうという、もっともらしく思われる筋書きに取り組まなければならない。
 
(他、2本)
 
1
株式会社インスペックス
〒105-0011
東京都港区芝公園1-3-5
ジー・イー・ジャパンビル4F
TEL.03-5405-7234
FAX.03-5405-7235
───────────────
・ビジネスコンサルティング
───────────────
031600
<<株式会社インスペックス>> 〒105-0011 東京都港区芝公園1丁目3-5 ジー・イー・ジャパンビル4階 TEL:03-5405-7234 FAX:03-5405-7235